top content image

ソフトウェアテスト・検証

第三者検証はソフトウェア向上に不可欠です。

第三者検証とは、開発者や運用担当者等とは異なる第三者の視点から対象のソフトウェア/システム品質の検証・評価を行うことです。
第三者検証によって、当事者では気づかない不具合や欠陥を検出し、信頼性が高く高品質なソフトウェアを構築する事が可能です。
システムテスト(総合テスト)や受入テスト(受入検収)はコストや納期の関係で削減されることもあり、十分なノウハウが無いまま実施される場合もあります。開発と品質管理工程を分離し、検証部分を第三者に委託し専門分野に専念することで、結果的に開発QCD向上に繋がります。
 

製品に欠陥が見つかると

そもそも、ソフトウェアの品質を担保するために、検証は必要不可欠です。
万が一、自社の製品から欠陥が見つかった場合、下記のように多くの損害が発生するリスクがあります。
 

① 経済的な損失

まず、その不具合の修正と再テストにコストがかかります。
加えて、利用者が損失を被った場合には賠償問題に発展するかもしれません。

② 時間の浪費
その対応にかかる時間的な損失も大きなものになります。
対応に追われ、新たなビジネスチャンスを逃すことになるかもしれません。

③ 信用の失墜
製品の信用が落ちることで製品競争力が低下します。
また企業のブランドイメージを下げることにもなりかねません。

以上からわかるようにテストはソフトウェアの品質を担保するために 非常に大切な役割 を担っています。
 

事業内容

設計書・要件定義書を元にテストケースを作成しテストを行います。
テスト仕様に基づき網羅的にテストを実施することができます。
信頼性の高い検証を行うことで成果物の品質と信頼性の向上につなげることができます。
 

テスト工程は以下のとおり規定しています。

 
  • 1
    プロジェクトの情報を元に、テストの目的・テスト項目・テスト観点・スコープ・品質基準・スケジュール・リスク等を定義してテスト設計書を作成する。
  • 2
    テストケース作成
    前提条件 / 手順 / 確認事項などを記載するテストケースの作成を行う。

    テストデータ作成
    テストケースの実行時に使用する環境やコンテンツ(画像 / 音楽ファイル等)の作成を行う
  • 3
    テストスケジュールに従ってテストケースの実行を行う。また、不具合の検出や改修確認も同時に行う。
  • 4
    不具合が見つかった場合には、不具合内容や再現手順を不具合管理票に取りまとめる。また、不具合内容・発生原因・不具合が仕込まれた工程などの解析をテスト
    報告書として取りまとめる。
  • 5
    必要に応じてテスト実施時のエビデンス(写真等)を取得する。
 

サービスメニュー

  • アプリケーションのテスト
  • 業務システムのテスト
  • 機種検証
  • テスト自動化
  • パフォーマンス評価
  • テスト計画・テスト設計支援
  • テストエンジニア常駐
  • ソフトウェアテスト・検証