top content image

クラウド

弊社はAWS、GCPどちらのクラウドでも対応することができます。

 

そもそもクラウドサービスとは

ひとことで「クラウドサービス」といっても、従来のホスティングサービスと同じようなサービス、アプリケーション機能を提供するものなど、そのサービス形態は多種多様です。クラウドサービスは、サービスを提供する構成要素によって大きく3つに分けられます。
 

(1)SaaS(Software as a Service)

インターネット経由で、メールやグループウェア、業務システムなど、特定のソフトウェア機能を利用できるサービスです。WebブラウザをUIに据えているケースが一般的で、グーグルが提供する「G Suite Business」や、サイボウズの「サイボウズ Office」、セールスフォース・ドットコムの「Sales Cloud」や「Marketing Cloud」、マイクロソフトの「Office 365」などがあります。

(2)PaaS(Platform as a Service)

ハードウェアからOS、ネットワーク、ミドルウェア、セキュリティ、運用管理ツールなど、業務システムの開発・導入に必要なインフラをインターネット経由で利用できるサービスです。開発パートナーと組み、PaaS上で稼働するアプリケーションを提供する事業者もある。代表的なPaaSとして、マイクロソフトの「Windows Azure」やセールスフォース・ドットコムの「Force.com」、サイボウズの「kintone」などが挙げられます。

(3)IaaS(Infrastructure as a Service)

ハードディスクやCPU、メモリ、OSなどをインターネット経由で設定・利用するサービスです。月額が定められているホスティングサービスに対し、利用したリソース分だけを支払う従量課金制を採用しているケースが多いです。代表的なサービスには、アマゾンが提供する「Amazon Web Services」が挙げられます。
基本的には、事業者側があらかじめ用意したリソースを複数の企業・組織が共有して利用する「パブリッククラウド」という形態が主になりますが、PaaSやIaaSでは企業が独自に構築できるサービスもあります。これらは「プライベートクラウド」と呼ばれています。

AWS

 
AWS(Amazon Web Services)とは、Amazonが提供しているWebサービスの総称です。
クラウドコンピューティングを利用して、ストレージやデータベース、サーバーなど様々なサービスを貸し出しています。
Amazonが使用しているサーバーをベースにしているので安定性が高いです。
個人ユーザーだけでなく企業も数多く利用しています。
 

GCP

GCP(Google Cloud Platform)とは、Google がクラウド上で提供するサービス群の総称です。
Google 社内で使われているものと同じテクノロジーやインフラを使用して、インフラ環境をクラウド化できます。
また基本的な構成要素が初めから各種サービスとして用意されているため、それらを使用してすばやく開発を行うことができるというメリットがあります。