S3 CORPについて

弊社は、ベトナムに拠点を置く大手ソフトウェア開発サービスプロバイダをになっている会社です。

他社にはない強み

S3は、ベトナムでオフショア開発の事業を始めてから、11年目に入りました。
その11年の経験を活かし、最近急激に競争の激しい市場になってきた、ベトナムオフショア事業での実績があります。
実績のあるプロセスや基準の適用に伴い、ソフトウェアアウトソーシング業界での豊富な経験があります。
さらには、多彩な開発言語、仕事熱心な人材を採用し、弊社はお客様に最適なソフトウェアサービスを提供しています。

弊社がお客様に提供するサービス

  • 完全なソフトウェア開発
  • 新機能の開発
  • 既存の機能拡張
  • 自動テストツールの開発
  • テスト・メンテナンスサポートサービス
  • Fintec / AI の開発研究

お客様の求める形
“ラボ型開発”  “BPO事業”  “SES”
すべて対応可能です。

弊社がお客様に提供するサービス

  • 完全なソフトウェア開発
  • 新機能の開発
  • 既存の機能拡張
  • 自動テストツールの開発
  • テスト・メンテナンスサポートサービス
  • Fintec / AI の開発研究

お客様の求める形
“ラボ型開発”  “BPO事業”  “SES”
すべて対応可能です。

お客様の声

image title
南 蔵人 氏
アンドアンド株式会社 / andand Inc. 代表取締役

IT業界では無視できない存在

――アンドアンド株式会社では、なぜオフショア開発をなぜ始めようと思ったのですか?

IT業界がオフショアの流れになっていた中で、決して無視できない存在になってきていたのと、ベトナムでのオフショアを始めた5年前は、中国やインドのオフショアはもう大分成熟していたのもあり、その時の世界経済の流れから、これからオフショアを始めるならベトナムが一番良いだろう、との判断でベトナムでのオフショアを始めました。

――なぜベトナムオフショア企業の中でS3を選ばれたのでしょうか?

日本でも仕事をしたことのある信用のある知人に紹介されたというのが一番大きいです。


開発環境

Windows、Linux、MySQL、Apache、Nginx

開発言語

HTML、css、javascript、php7

コミュニケーションツール

Slack、Skype、Google Drive、GitHub


要件定義がオフショア開発成功の秘訣

――オフショア開発をするうえで、重要なことを教えて頂きたいです。

オフショアに限らずですが、まずは要件定義が何よりも大事です。
 まだオフショアではアジャイル開発は難しい為、要件定義をどこまできちんと完成して、ドキュメントに落とし込めるか、が最重要ポイントだと思います。
 また、その要件定義が出来たからといってドキュメントを丸投げするのではなく、きちんとその後の認識の摺り合わせと、定期的なコミュニケーションを続けることで、オフショア開発での成功確率は大きく変わってくると思います。


S3の魅力について

――最後にS3の魅力について教えて頂きたいです。

• 人材が豊富。 • リソースの調整が聞く。 • 英語ではほとんどの方とコミュニケーションを取ることができる。


この三つは大きいですね。
 さらに、現在は週に1回、日本語の勉強会も開催されていて、まだとても簡単なレベルですが少しずつ日本語でのコミュニケーションが取れるようになってきているのも嬉しいポイントです。
 また、他のベトナムのIT会社と比べて、技術力もしっかりしている点も魅力です。
 あとは、オフショアではありがちなコミュニケーション不足で違うものが出来てしまった場合に、無理を言ってもしっかり対応してくれるのもS3ならではの魅力だと思います。

南さん、ありがとうございました。

ニュース

    Oct 29, 2018

    クアンチュン・ソフトウエアシティ(QTSC)で、沖縄県からの企業とベトナムIT企業の、交流会が行われました。

    もっと見る