Oct 04, 2017

ソフトウェアテストに関する動向、課題と、ベトナムオフショアでのテスト実施についてのセミナー

この度、マジセミ竹芝オフィスにて「ソフトウェアテストに関する動向、課題と、ベトナムオフショアでのテスト実施」についてのセミナーを開催いたします。

 

改めて注目される、ソフトウェアテスト

ITがビジネスや社会にとってますます重要になる中、その品質や安全性を向上させる上で欠かせないソフトウェアテストについて、改めて世の中の関心が高まっています。

テスト自動化、アジャイル開発テスト、第三者検証など
そのような中、ソフトウェアテストの分野ではいくつかの新しい動きがあります。
      ■ テスト自動化
 テスト支援ツールを活用して、ソフトウェアテストを自動化する取り組みは進化しています。
将来的には、AIを活用していく動きもあります。
      ■ アジャイル開発テスト
アジャイル開発が普及する中で、その開発プロセスの中でどのようにテストを行うべきか、注目されています。
      ■ 第三者検証
開発に関わっていないテストエンジニアが、第三者の視点・観点から対象のソフトウェアやシステムの品質検証・評価を行う第三者検証が、品質の向上やユーザー企業の受け入れテストの代行として注目されています。
      ■ ベトナムオフショアでのテスト
前述のようなテストを、ベトナムオフショアで行うことで、コストを削減しつつ品質を高めていく取り組みが注目されています。

ソフトウェアテストに関する動向や課題を解説
本セミナーでは、このようなソフトウェアテストに関する動向や課題について解説します。

ベトナムオフショアでのテスト実施のメリット
また、ベトナムオフショアでテストを実施するメリットや、不安を解消するためのポイントなどについて解説します。

 

■ 開催日時:2017年10月27日(金)15:30 - 17:00
■ 会場アクセス
マジセミ竹芝オフィス 
東京都港区海岸1丁目14−17ベイサイド竹芝1307
■ お申し込み:参加費無料
https://osslabo.doorkeeper.jp/events/65269

 

■ プログラム
      ■ 15:00~15:30 受付
      ■ 15:30~16:15 ソフトウェアテストに関する動向、課題と、ベトナムオフショアでのテスト実施
Sunrise Software Solution (S3) 奥 崇
      ■ 6:15~17:00 ディスカッション(ソフトウェアの品質向上について)